【 チャレンジコース 】

小学生・幼児の育成プログラム・チャレンジコースでは、世界一のブラジルサッカーの長所を取り入れ、魅力あるサッカーを目指します。選手を育てる前にまず人間を育てます。あいさつをはじめ、何事にも通ずる良い習慣を身につけられるように基本を大切に指導します。 

2019年

5月

25日

お知らせ・チャレンジコース

◇バーモントカップの組み合わせが決まりました。

 6月29日(土)柏市沼南体育館にて下記の4チームと予選リーグを戦います。

 

 ルキナス印西、まつひだいSCブランコ、七栄FC Uー12

 

   【試合日程】

09:55~ vs 七栄FC Uー12

12:25~ vs まつひだいSC ブランコ

16:10~ vs ルキナス印西

 

 

◇小学生及び幼児(新年中さん・新年長さん)の体験練習を随時受け付けております。

 希望される場合はいつでもお問い合わせ下さい。

 ホームページからでもメールや電話でも結構です。

 担当:古川 090-1402-9232 

 

※体験の方は必ず活動場所を確認の上、参加して下さい。

 

     

6月の活動予定表
2019年6月の暫定スケジュールです。調整中の試合や会場や他のカテゴリーの都合により変更になることもあります。
6月スケジュール.pdf
PDFファイル 119.7 KB
6月23日(日)4年生大会
6月23日(日)に予定されているFAVERZEフットサルコートで開催される4年生大会の日程です。
6月23日(日)4年生大会.pdf
PDFファイル 62.3 KB
八千代ミニサッカー2年生大会(予選リーグ)
2019年6月16日(日)の2年生大会予選リーグの日程です。
オカムラホーム杯ミニサッカー大会2年生の部(リーグ対戦表).pdf
PDFファイル 205.8 KB
八千代ミニサッカー2年生大会(順位トーナメント)
2019年6月16日(日)2年生大会トーナメントの日程です。
トーナメント日程【20190616】.pdf
PDFファイル 75.7 KB

2019年

4月

30日

最新PHOTO・チャレンジコース

 < チャレンジコースの指導方針と特徴 >

 

1.フットサルや8人制サッカーにウエイトをおき、テクニックを重視します

小学生の年代には、パワーとスピードを重視したプレーよりも、ダウンサイジングしたコートで必然的に求められるテクニックや早い判断やかけひきの方が大切です。これらを身に着けることで、ゴールデンエイジ(一般的に10歳~12歳・・・何事においても即座の習得が可能な人生に一度しかない大事な時期)後の伸びしろが大きくなります。フットサル(5人)や少人数制のサッカーでは、試合の中で1人の選手がボールに触れる回数が格段に増え、ボールコンタクトだけでなくその分たくさんのかけひきや判断をすることができます。

 

2.子どもたちの判断を大切にします。

目先の勝負に勝つために、小学生の低学年のうちからポジションを固定したり、自分のゴールの近くでは失点を恐れてとにかく蹴らせるような指導はしません。子どもたちは失敗と成功を重ねて体験の中で成長します。サッカーで大切なのは、まずボールをしっかり扱えること、そして状況を見て自分で判断する力、失敗を恐れずチャレンジする勇気です。本当の勝利は今勝つことだけではありません。18歳以降にどんなサッカーができるようになっているか、人としてサッカーを通じて何を学んでいくか、ということを常に見据えて指導します。

   

3.基本を大切にします。

難しい技ができることは素晴らしいことですが、土台がしっかりしていなければ、いくら練習を積んでも階段を上るようには上達しません。サッカーの土台となる基本練習を継続して大切にしていきます。

また、人としての基本も大切にし、あいさつをはじめ良い習慣を身に付けられるように指導します。サッカーがうまくなれば、試合に勝てば、その他のことはどうでも良いというようにならないよう細心の注意を払います。

 

4.個性を大切にします。

それぞれの子どもには個性があります。ドリブルが得意な子、パスが上手な子、ゴールを決めるのが得意な子、大きくなればヘディングが強い子、左利きの子など、十人十色です。ドリブル一つをとっても、本来は一人ひとりに特徴があるはずです。その子の持つ個性を消さないように、長所を見抜いて大切に伸ばします。

 

5.サッカーの国ブラジルが身近になります。

ブラジルから来日する少年との国際交流を行います(次回は2018年7月)。また毎週ブラジル人コーチのペドロ・カルロス氏が指導に来てくれています。希望者がいればブラジルに行くこともできます。またサッカーを通じてポルトガル語を学ぶことができます。アベーリャスに入ると、地球の裏側にある日本から最も遠いサッカー王国が近くなります。

 

6.ジュニアユース(中学生)とトップチーム(社会人)があります。

アベーリャスには千葉県社会人リーグに参加しているトップチームがあり、18歳から32歳の選手が所属しています。いっしょに練習や試合をするなど様々な交流があります。

また、4年生以上の小学生で一定基準を満たし高いレベルでの活動を希望する選手にはスペシャルコースを用意しています。中学生と練習したり試合をして、中学3年生まで一貫指導を受けられる環境があります。

 

< 活動日時と場所 >

 

   
チャレンジコース
(スペシャル)
     

16:45-18:15

花輪運動広場

 

18:55-20:45

轟町中体育館

練習 or 試合

不定

練習 or 試合

不定

チャレンジコース
(小5・小6 )
     

16:45-18:15

花輪運動広場

   

半日

川戸中/仁戸名小

半日

川戸中/仁戸名小

チャレンジコース
( 小4~幼児 )
     

16:15-17:40

花輪運動広場

  16:30-17:55
 マルシマG
半日
川戸中/仁戸名小
半日
川戸中/仁戸名小
  • 水曜日 16:15~18:15 花輪運動広場(幼~小学6年生)

10月~2月は照明のある会場、ホームグラウンドのマルシマや千葉フットサルガーデン(人工芝)、淑徳大学おゆみグラウンド(人工芝)などで行います。冬季は別途照明代を集めさせていただいています。

  • 金曜日 16:30~17:55 カンポ・ド・マルシマ(小学1年生~小学4年生)
  • 土曜日・日曜日(だいたい半日) 川戸中学校・仁戸名小学校・マルシマ他

< こんな小学校からお友達は参加しています >

  

  • 川戸小学校
  • 松ヶ丘小学校
  • 仁戸名小学校
  • 大森小学校
  • 宮崎小学校
  • 寒川小学校
  • 平山小学校
  • 誉田小学校
  • 星久喜小学校
  • 生浜東小学校 
  • 大巌寺小学校
  • 泉谷小学校
  • 千葉大附属小学校
  • 千草台小学校
  • 金沢小学校
  • 習志野市立藤崎小
  • 千葉日大一小学校
  • 大宮台小学校
  • あすみが丘小学校
  • 鶴沢小学校
  • 蘇我小学校
  • 高浜第一小学校
  • 大多喜町立大多喜小

           他


 < チャレンジコース参加者募集 >

 

入会を希望する選手は、いつでも受け付けています。体験で練習に参加したい選手は下記フォームよりメールにて申し込んで下さい!相談の連絡は随時受け付けています。 

【2018年度】チャレンジコース入会案内
キッズ(幼児)と小学1年生~6年生を随時募集しています。お気軽に体験練習に参加してください。
新年度1年生は現在11名になりました!
2018年度【チャレンジコース入会案内】.doc
Microsoft Word 95.0 KB

メモ: * は入力必須項目です

6月スケジュール

ジュニアユース

チャレンジコース


2014年4月より始動。ブラジル人コーチの指導の下、週5回活動しています。ポルトガル語の勉強会も実施。

ジュニアユース

幼児から小学6年生までが参加しています。水・金・土・日の活動で練習や試合。合宿も行います。

チャレンジコース

水曜日の週1回、花輪運動広場で活動しています。初心者、女の子、他のスポーツをやっている子。みんな大歓迎!

スクールコース

社会人県リーグ1部復帰を目標に初心を忘れず頑張っています! 一緒に戦う選手を募集しています!

トップチーム

GKコーチに専門的に指導してもらえるチャンスはこの年代にはとても貴重です

GKクリニック

初代チャンピオンとして、千葉県シニアフットサルリーグ参戦中!交流試合などもあり30代のお父さんも参加しています。

OVER-40チーム

カニョートは左利きの意味。左足を磨きたい子のスクールです。隔週木曜日 小4~中3まで参加できます。

エスコリーニャデカニョート

ボールがあれば皆アミーゴ! 金曜の夜に幼児から小中学生 保護者までもポートアリーナなどにて活動中。

毎年1回「ピーナッツフェスタ」と合わせて開催しています。ひんやりとした自然の土がとても気持ちいい~!

畑サッカー

サンパウロから来日したアルモニア学園の人たちと青少年国際交流。ダンスやサッカーを通じた交流ができました。

青少年国際交流

辞書にはのっていない、ブラジリアン特有のサッカー用語を紹介しています!

ブラジルサッカー用語

【 モバイル用QR  

アベーリャス千葉の理念に賛同し、活動をサポートして頂ける方を探しています。